スモール出版

商品一覧


『前科おじさん』
高野政所/著

1年の自粛期間で綴った爆笑&思索&しんみりの自叙伝
ラジオパーソナリティ、DJ、クラブ店主、インドネシアのダンスミュージック「ファンコット」の伝道者と知られ、2015年3月に大麻所持で逮捕された高野政所。
留置場で罪の重さを痛感しながらも、ついつい出会ってしまうオモシロおじさんやトホホなできごと。
苦悩と哲学、脱力と爆笑、そしてDJ復帰の道のりまでを赤裸々に綴った初エッセイ集。
漫画家ジェントルメン中村によるコミック、敬愛する映画ライター&デザイナーの高橋ヨシキとの対談も収録。

【著者について】
高野政所(たかの・まんどころ)
DJ、テクノユニット「LEOPALDON」のリーダー。別名「DJ JET BARON」。日本における、インドネシアのダンスミュージック「ファンコット」の伝道師としても知られる。またTBSラジオの番組『ザ・トップ5』でのレギュラーパーソナリティーを3期に渡って担当。2014年12月にメジャー・ファーストアルバム『EnakDealer』をリリース。しかし2015年3月、職務質問を受けた際、大麻を所持していたとして逮捕。これにより、発売されていた音楽CD出荷の停止。さらには、2004年より店長を務めていたクラブ「ACID PANDA CAFE」の閉店という事態に。これらを受け、2015年4月に1年間の活動自粛を発表。懲役6カ月、執行猶予3年として保釈。そして自粛期間を終えて、2016年3月、音楽活動を再開させた。

2016年8月発売

定価1500円+税
四六判並製/モノクロ/240ページ
ISBN978-4-905158-35-6