スモール出版

商品一覧


『「悪くあれ!」窒息ニッポン、自由に生きる思考法』

モーリー・ロバートソン/著

いや、もうなんで生き方を変えないのか。この本を読み終えたあとでまだ逡巡しているなんて、こっちが信じられない。(本書「おわりに」より)

国際ジャーナリスト/DJとして活躍するモーリー・ロバートソンによる待望のエッセイ集。トランプ現象、パンク、ダブステップ、禅、ドラッグ、人種差別……あらゆるテーマを縦横無尽に飛び回りながら、タブーなしで語り尽くす!
日本社会の中で窮屈な「グリッド」に縛られず「自立した個人」であり続けるための思考法がここにある。

はじめに
──見せかけの「一律」社会から逸脱するために
第1章 自己解放のすすめ
──「安全な日本」という前提はもう崩れている

第2章 不器用じゃダメなんですか?
──日本とアメリカの違いから僕が学んだこと

第3章 グリッドから解放された世界
──禅とダブステップでポピュリズムと闘う

第4章 音楽と全体主義
──パンクの矛盾とEDMの多様性

第5章 扉の向こうへ
──自分の目で世界を見つめてみよう

おわりに
──窒息ニッポン、それでも希望はある

【著者】
モーリー・ロバートソン
1963年、ニューヨーク生まれ。 アメリカと日本を行き来しながら日米双方の教育を受け、1981年に東京大学とハーバード大学に同時合格。東京大学を1学期で退学し、ハーバード大学に入学。ハーバードでは電子音楽を専攻し、アナログ・シンセサイザーの世界的な権威であるイワン・チェレプニン氏に師事。1984年に初の著書『よくひとりぼっちだった』(文藝春秋)がベストセラーになった。1988年にハーバード大を卒業した後、日本に渡りラジオパーソナリティーとしての活動を経て、現在は国際ジャーナリスト/DJ/ミュージシャンとして精力的に活動中。近著に『挑発的ニッポン革命論 煽動の時代を生き抜け』(集英社)がある。

2017年12月発売

定価1500円+税
四六判並製/モノクロ/216ページ
ISBN978-4-905158-51-6