スモール出版

商品一覧


『AKB48とニッポンのロック 〜秋元康アイドルビジネス論』

田中雄二/著

100万枚セールスを量産し続けるプロデューサー・秋元康の初の本格評伝。
大著『電子音楽 in JAPAN』の著者による、日本の音楽業界・歴史を総括した、700ページに及ぶ渾身の大長編ノンフィクション!

「我が国の商業音楽が、この半世紀、如何なる道を辿り、今日の形態に至ったのか、それをマクロにもミクロにも実感させてくれる。
これぞまさに大作と呼ぶに相応しい素晴らしき一冊である」
近田春夫(ロックンローラー)

秋元康はラジオの深夜放送の熱心なリスナーであり、70年代のフォーク/ロックの黎明期を過ごした世代。
そうした当時のカウンター勢力とAKB48には、知られざるミッシングリンクがあった。
「素人が既得権益を解体する」という、日本のフォーク/ロック史の延長線上にAKB48の存在があるのだ。
CDからライヴ、物販へと、明日を模索する音楽産業が歩むべき道を、
常設劇場での公演をビジネスにしたAKB48に学ぶ、ニッポンの音楽業界の預言書。

【著者】
田中雄二(たなか・ゆうじ)
週刊誌副編集長、書籍編集者を経て、現在は広告制作会社の映像プロデューサー。大野松雄、TM NETWORKドキュメンタリーなどの構成他、『電子音楽 in JAPAN』、『電子音楽 in the(lost)world』、『YELLOW MAGIC ORCHESTRA』、『吹替洋画事典』、『昭和のテレビ童謡クロニクル』、『エレベーター・ミュージック・イン・ジャパン 日本のBGMの歴史』などの執筆業も。CD復刻プロデュース他、細野晴臣、坂本龍一、冨田勲追悼公演のパンフレットなど、オフィシャル出版物などにも寄稿している。

2018年6月発売

定価2800円+税
四六判並製/モノクロ/704ページ
ISBN978-4-905158-57-8